krexn

PROFILE
    AUTHOR:krexn
    New York Cityの無料Daily News Paper、『amNew York』の紹介ブログです。amNew Yorkの最新ニュースはこちらで確認できます。

ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
MYBLOG LIST
MONTHLY
CATEGORIES
SEARCH


2017.08

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- / スポンサー広告 / Trackback(-) / Comment(-) /
 New York Taxi Drivers to strike over GPS




NYのYellow Cabはその運転の荒さで世界的に有名ですが、そんなタクシーの組合がストが48時間のストに入りました。

その理由がGPSの導入。このGPS、なかなか優秀で、自分が乗っているTaxiが今マンハッタンの中のどこを走っているのかというのが一目でわかり、しかも、Taxiがとおった道を残してくれるので、どんな道をとおって目的地にたどり着いたのか、というのもわかってしまいます。つまり、道事情に詳しくない観光客にも、例えばドライバーが意図的に遠回りをしていたらばれてしまうんですね。

ほかにも、リアルタイムに天気予想や株価がみれたり、いろいろな機能があります。そして必ずそれについているのが、クレジットカードでの決済機能。日本でもこういうタクシーって結構増えてきていますよね。

ただ、問題なのがそのコスト。1台につき約5000ドル(55万円)。しかも、このコストの1/4から1/5をドライバーが負担しなければいけないということでカンカンになってるんです。あと、一日の走行ルートや稼ぎが報告されるようになっているようで、そんなので監視されるのは真っ平だとか。。。さらにクレジットカードでの支払いに関連してドライバーに5%の追加負担がでるのだとか・・。こうやって見ると、確かにドライバーにとっての導入インセンティブは低そうですね。

さて、ストがどうなったかというと、Bloomberg側と組合側で真っ二つの意見が。Bloombergは結局ストに出たタクシーはいつもの20%ぐらい。組合は結局市内の13000台のタクシーの中、ストに参加しなかったのは10%程度ということで、ストは大成功をおさめたとの意見。

そんなことは市民の意見を聞いてみればすぐわかることで、結局市内のいろいろなところでタクシー待ちの列ができてたみたいです。こういう事態のときは、2年前の公共機関大ストライキの時のように、タクシーは固定レートで相乗りになります。それでも、かりに本当に10%しか出動してなかったら、足りるはずないですよね。

10月からの検査で、GPSは必須になるのだとか・・・。いったいこの戦いはどうなるんでしょうか。個人的にはあってもなくてもどうでもいいかと・・・。

スポンサーサイト
2007-09-06 / Local / Trackback(-) / Comment(7) /
 タイトルなし
ちょっとてすと。
2007-01-12 / Local / Trackback(-) / Comment(0) /
 新年早々ガス臭!
ながーい日本出張からようやくかえってきたので、Blog更新再開です。ほぼ一年ほったらかしにしておいた。。。。よくYahooから消されなかったな、よかった。

週末の土曜日のNY、天気が70度(22度)まであがって、小春日和を通り越して、初夏の天気でした。街中では半そで半ズボンの人もちらほら。すごいです。おれも、1月のNYなのにゴルフにいってしまいました。こんなこと、もうないんじゃないかな。

日曜日は、50度ぐらいまでさがって、いつもどおりのNYの冬。といっても、例年から比べるとかなり暖かい。残念ながら天気は悪くなって、午後からは雨が降る一日となりました。

そして今日の月曜日。相変わらず雨はふっているんだけど、朝の通勤途中、不思議なにおいが街中を立ち込めてるのに気づきました。amNYのサイトでもMystery Odorとかかれているんだけど、ほんとにMystery。明らかにGasににおいなんだけど、社内で流れていたメールでも、"there is no indication that there is any danger to our employees"というメッセージが。

記事も以下のとおり。

Mayor Bloomberg said the city does not know what the puzzling odor wafting over Manhattan and N.J. is, but "it does not appear to be dangerous."'

Hundreds of calls came in about the smell beginning at about 9 a.m. from as far south as Battery Park and east to Union Square and all the way through the West 80s on the Upper West Side. The odor also could be detected in New Jersey.



テロ警戒度が高いNYなので、やっぱりこういうことがおこると不安。

Meanwhile, federal officials moved to allay any terrorism fears.

"It is still early but there is no indication of terrorism and there is no credible intelligence to suggest any imminent threat to the homeland or to New York at this time," said Russ Knocke, spokesman for the Department of Homeland Security.

He said the agency is closely monitoring the situation and talking with the local authorities, who are the lead in the matter.



いったい何なんでしょう。不思議なことがよく起こる街です、NYは。
2007-01-08 / Local / Trackback(0) / Comment(1) /
 日本にいます
復帰しよう!って思っていた矢先、日本に長期出張になって、今東京オフィスで働いています。

早くNYに戻りたいなぁ、と思っている今日この頃!!

NYは今頃天気がよくて最高なんだろな~~。

それでは、また戻ったらアップしますね!
2006-04-23 / Local / Trackback(2) / Comment(3) /
 復帰!
またまた随分長い時間放置してしまいました。

言い訳していいですか、言い訳?

①いつも使ってる地下鉄のEntranceにamNew York配ってる人がいなくなって、Metroの独占になった。
②いままではamNew Yorkのホームページで当日の記事がPDFで見れたら、今はなんだか見にくくなった。
③3月半ばまでなんとなく忙しい日が続いてた。

ということで、復帰です(笑)。

①と②の問題は解消しなさそうなんですよ・・、ちょっと遠回りになるけど入り口変えようかなぁ・・・。

ということで、本日の記事:

"Big headaches for 4/5 line riders"

4/5 lineっていわれてもManhattanに住んでいる方しかわからないと思いますが、街の東側を南北に走っている緑色の線の地下鉄のことです。以前も地下鉄ネタで触れましたが、比較的に綺麗な列車(富裕層が住むアッパーイーストを通っているからか)。

基本的にNew Yorkの地下鉄のダイヤは適当です。15分こないこともあれば、3本続けてくることもある。Local線が全然こないのに、Expressがびゅんびゅん通りこしていくこともある。そんな適当な地下鉄なんですが、4/5を使う人にとっては来週からは頭を悩ます1週間になりそうなんです。

線路の工事を行うために:

"Expect rush-hour delays of up to 10 minutes on all downtown trains between 86th Street and Bowling Green during peak times of 7 to 10 a.m. and 3:30 to 7 p.m. Delays will continue until May 22 and will be less severe during off-peak hours. Uptown trains are unaffected."


ただでさえ激しく混雑する4/5線。それが10分のDelay。しかも5月22日まで!!普段でも15分遅れることがあるのに、それでもなお10分おくれるってことは電車感覚が2~30分になることもありえます。間隔があくと、当然その後にくる電車は"PACKED"状態。NYの地下鉄のホームには、日本には当然のようにいる、ドアの外から人を押し込む駅員さんなんていないので、電車が発車するのも遅くなるんです。

駆け込み乗車を制止する人もいないので、閉まりかけの電車に人が駆け込むと最悪。車掌さんはドアが閉まることが確認できないと、ひたすらドアを「閉・開・閉・開・閉・開+∞」。これ見て思ってたんですけど、日本の電車って頭良くて、荷物が挟まって閉まらなかったドアがあるとき、そのドアだけど開閉できるボタンがあるんですよね。NYの地下鉄は、せっかく閉まってるドアもまた開けたり閉めたり・・・・、あーー苦痛。

自分が使う路線じゃなくてほんとによかったと思ってます。4/5線を使う人は、Local線の6をなるべく使うか、ラッシュ時間は避けて通勤したほうがよさそうですね。

"New York City Transit yesterday announced major track work starts then on the 4 and 5 lines that might challenge the patience of even the most Zen-minded straphanger."という文章が記事の頭にありましたが、こういう表現ってアメリカっぽいですね。
2006-03-30 / Local / Trackback(0) / Comment(7) /
 AMERICAN IDOL
American Idol見てる方いらっしゃいますか?

3月29日の番組でLisa Tuckerという16歳の女の子がEliminateされて、それが結構話題になってるみたいです。うまかったのかなぁ、聞いたことないんですが。

その前の週にEliminateされたのが、写真のKevin Covais。彼も16歳みたいなんですが、今日の朝NBCのニュースにでててその歌声を披露してました。16歳とは思えないウマさ・・・。American IdolではElimiate去れましたが、ここまで話題になればどこかで拾ってもらえるんでしょうね。彼はNY出身だそうです。

20060330.jpg

来週からちょっと見てみようかな・・・。いまだ番組の仕組みすら分からないです。
2006-03-29 / Local / Trackback(0) / Comment(0) /
 ドッグショー
Madison Square Gardenにて先日毎年恒例のドッグショーが行われました。The Westminster Kennel Clubの第130回Dog Showです。
20060216.gif

優勝者はブルテリアノRafusクン。HPのトップページに堂々表彰されてます。マジブサイクですね、ブルテリアって。でも、なんだかかわいい。このページ、色々探してると、当日のCompetitionの様子が全部ビデオでみれるんです。犬好きの方にはたまらないサイトですね。

ブルテリアは闘犬用に生産されたので、ガタイがすごくいい。厳つい感じがします。卵形の頭に小さな目、それから大きな耳。ほんとにブサイクですけど、じーっとみてるとなんだか笑えてきます。ブルテリアはホワイトが希少で人気があるみたいなんですが、遺伝子学的に白を保つのはすごく難しいらしく、近親繁殖⇒障害犬が多くなってしまうらしいんです。ホワイトのブルテリア君は生ではみたことがありません。

さて、Rafus君の優勝で無事に終わったかにみえたドッグショーですが、一つ悲しい事件がありました。ブリード賞を受賞したWhippetのViviちゃん。なんと、NYからLAまで帰るはずだったんですが、NYの空港で失踪してしまったそうなんです。24時間かけて5000エーカーある空港をくまなく探しても、Viviは見つからず。結局捜索は打ち切られてしまいました。OwnerのJil Waltonは見つかるまでNYに残るといってるようですが、24時間かけて探しても見つからないのはちょっと厳しいかもしれませんね、しかもViviちゃんには慣れないNYという土地、本当に可愛そうです。

Whippetはイギリスで生まれた犬種で、小型犬の中では最も走るスピードが速いそうです。もともと兎刈りのために作られた犬なので、おなかがすいたら自らハンティングをして食いつなぐことはできると思いますが、無事にご主人様のところに戻れることを祈って。
200602162.jpg

2006-02-16 / Local / Trackback(0) / Comment(0) /
 雪!雪!雪!
先週末のNY,ものすごい大雪が降りました。去年の1月も結構な両の雪が降った日があったんだけど、その比じゃなありませんでした。

街中雪かきの人・人・人。そりで滑ったり、クロスカントリー用のスキーで歩道を走っている人も発見。ストライキのときはどこからともなくローラーブレードやマウンテンバイクに乗っている人がワラワラと湧き出てきたけど、スキー持っている人まで現れるとは、さすがマンハッタン。

道はすごい渋滞になるのかなと思いきや、実はそうでもなかったりします。結構スムーズに除雪作業が行われてるんですね。これって誰がやってるんだと思いますか?

実は清掃局(Department of Sanitation)のSanitory Workersなんです。

1969年の大雪で交通が麻痺してしまったマンハッタン。市長の指示/判断があいまいで除雪作業に長い時間がかかり、大雪から3日間、NYerは身動きがとれなかったらしい。ブーイングを浴びた市長は、Department of Sanitationに除雪作業を一任することにしました。それ以来、Sanitation Workerは、除雪器具の使い方・メンテナンス、そして塩の撒き方の練習などをごみ収集の合間の縫ってやらされたそうです。

日曜日も街じゅうで下のURL先にあるSalt Spreaderや、大きなシャベルをつけたCollection Trucks(この中に雪をいれて運んでたりもしました)、それから1機20万ドルするといわれているSnow Melterが大活躍してました。

http://www.nyc.gov/html/dsny/html/about/equipment.shtml

ところで、冬になるとマンハッタンのところどころで見られるのが、マンホールからもくもく湧き出る蒸気です。これってなんだか知ってますか?マンハッタンは昔からボイラーを使ったセントラルヒーティング構造を採用していて(どこのアパートもホテルもぽかぽかです)、その温水がパイプを通るときに蒸気を発生させるらしいんです。あれ見ると、「ニューヨークっぽいなぁ。」って思いますよね。
2006-02-13 / Local / Trackback(0) / Comment(1) /
 久々の更新
久々の更新です。久々にamNew Yorkのホームページにいってみたら、Renewalしていてビックリしました。

今までは紙面を印刷したpdfをそのまま載せていたんですが、リニューアル後はきちんと記事がCategoryごとに分けて掲載してあるようです。朝ペーパーが取れなかったときはpdfをDownloadしていてそれを読んでいたので、ちょっとめんどくさくなりました。

でも今までは記事をCitingするときは全部手打ちだったんですけど、そのままCopy and Pasteできるからそこは便利。

色々サイトを歩きまわってたら、Mission Statementを見つけました。以下抜粋。

With the growing popularity of "instant news" on 24-hour TV news channels and the Internet, each year, fewer people read conventional newspapers. In New York City, more and more people catch up on the events of the day from new sources like the various news zippers in Times Square, TV screens that flash news clips in elevators, lottery kiosks and all-news radio programs. Reader surveys and plummeting circulation rates prove that broadsheet newspapers are losing much of their impact.

Now, amNewYork has taken the notion of "instant news" one step further. Subways cars and buses don't get radio or TV reception, so hundreds of thousands of on-the-run commuters are snapping up free newspapers from our army of hawkers and street boxes scattered around this city and its suburbs.

New York's youth see news as a commodity that you don't have to pay for. They want their news quick and simple. And amNewYork fills that niche.

Their work is also supplemented with wire stories from the Associated Press, and with writers and syndicated columnists from Tribune Co. newspapers such as the Los Angeles Times, The Chicago Tribune, the Baltimore Sun and other papers.

amNewYork's aggressive team of reporters and editors brings you all the news that you need to start your day.

Hey, who says a good newspaper can't be free?



今日はゲンキなので、訳までつくっちゃいます。意訳ですけどね。

昔ながらの新聞を読む人が少なくなってきているのは、テレビやインターネットが24時間絶え間なくニュースや事件を「即座に」放送することを可能にしてきたからです。ニューヨークの住人は日々の最新情報を手に入れるために、街中に配置されてある電光掲示板、エレベーターなどに取り付けられている小さなスクリーン、キオスクやラジオ番組などを活用しています。新聞紙がその人気を失っているのは、読者アンケートの結果や発行部数の減少を見れば明らかでしょう。

そんな中、"amNew York"は「即時性」という概念にもう一歩踏み込むことに成功しました。地下鉄やバスで、電光掲示板やラジオ、TVなどをみることができるでしょうか。そこで、何百、何千人もの通勤/通学者達は私達が街中で提供するこのフリーペーパーに飛びつくのです。

今のニューヨークの若者にとってニュースはもはや日常品であり、お金を払ってまで得るべきものだとは思ってません。彼らは、日々のニュースを早く、そして簡単に手にいれたいと願っており、"amNew York"はその要望にこたえています。

そしてこれらのニュースは、AP通信の電信速報や、LA Times, Chigago Tribune,Baltimore Sunといった各社の共同記者/コラムニストとの提携によって強化されています。

アナタが一日をはじめるのに必要なニュースを、"amNew York"の熱いチームが送り届けます。

ほら、素晴らしい新聞がタダなわけがないなんていったのは誰ですか?



なかなか素敵なMission Statementですね。完全に若者をターゲットにしたこういったコンセプトはまだ日本では見られないのではないでしょうか?

ところで、USER Agreementもちょっと変更があるようなので、以前の新しいブログのテンプレートだとDisclaimer入れるのにまたいろいろいじらなければいけないので、またこのバージョンに戻しておきます。
2006-02-01 / Local / Trackback(0) / Comment(0) /
 Happy New Year
喪中なのであんまり大きな声で言えないので、

Happy New Year!

うちのじいさんは英語が得意だったので、たぶんこれでもばれてしまいますけどね。

2006年第一回目。初ブログです。でも、今日付けのamNew York、面白い記事がひとつもない・・・・。去年の年末はあれだけStrikeの記事でうまっていたのに、今は小さなローカルのまたそのまたローカルなニュースぐらいです。

せっかく気合いれて書こうと思った残念。ということで、意味もなくテンプレートを変えてみました。さわやかですね。でも、またいろいろ修正くわえなきゃいけないので、たぶん途中でめんどくさくなって前のテンプレートに戻しちゃう可能性かなり大。

これじゃ単なる新年の挨拶になってしまうので、ひとつだけ記事紹介。

20060111.jpg

記事っていってもSUDOKUなんですけどね。今アメリカで大ブームのSUDOKUです。ほとんどの雑誌や新聞にひとつはある、手軽にできるパズル。日本でうまれて世界中に広がったパズル。やったことある人も多いのでは?

Web上でもできるので、頭の体操したい人はトライしてみてください!

ここ

それでは、今年もできる限りたくさんamNew Yorkネタを発信できればいいと思いますので、なにとぞよろしくお願いします。
2006-01-12 / Local / Trackback(0) / Comment(6) /

amNew Yorkを読もう! / 次の5件

Copyright © 2005 Powered by FC2 All Rights Reserved.
Background Pic by Robert Slade; Template by lovehelm
This site if for the personal and non-commercial use. Tribune Interactive, Inc. reserves any rights of trademark, copyright, or other notice contained in any portion of the Content (as defined in the Terms of Service in amNY.com)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。