krexn

PROFILE
    AUTHOR:krexn
    New York Cityの無料Daily News Paper、『amNew York』の紹介ブログです。amNew Yorkの最新ニュースはこちらで確認できます。

ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
MYBLOG LIST
MONTHLY
CATEGORIES
SEARCH


2005.08

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- / スポンサー広告 / Trackback(-) / Comment(-) /
 Katrinaによる被害はここ数十年で過去最大級
"Rescuers race to save lives"

20050831.jpg


Katrinaによる被害、予想以上に膨らんでいます。今日時点でわかっている被害者数は100人以上。経済的被害は現時点で260億ドル(約3兆円)、最終的には650億ドル(約7兆円)にものぼるといわれています。

近年最大級といわれていた1992年にフロリダを襲ったHurricane Andrewの被害が、死亡者26人(直接的被害者)、経済的被害が360億ドルということを考えると、今回のKatrinaによる被害がいかに大きなものであるかがわかると思います。

被害がここまで大きくなったのは二つ理由があります。

①KatrinaのHurricaneとしての威力の強さ
②上陸地

①Katrinaは一時期、米国でハリケーンの勢力をあらわす段階の最上級、Category 5まで成長しました。New Orleansを直撃する直前にCategory 4に格下げされましたが、それでもCategory 4のハリケーンの最大風速は時速約130~150マイル(200km~240km)です。

②Hurricaneの殆どはカリブ海で誕生し、西インド諸島を通って、フロリダの上かもしくは東を通りながら北上し熱帯低気圧に変わります。東よりのカーブを描くのは、ジェット気流による影響です。なので、フロリダより西に位置するNew Orleansに上陸することはあまりありませんでした。New Orleansという街は住民の約3割が「貧困層」であると言われています。貧困層の方々は家を買うお金がないので、トレーラーのような家で暮らしています。
また、New Orleansは街の8割が海抜ゼロメートル以下であるといわれています。街の北側にはLake Pontchartrainという湖があり、南側はミシシッピー川が通っている、まさに水に囲まれた街です。おわんのような形の街を支えているのが、堤防(Levee)なんですが、今回のHurricaneでこのLeveeが崩壊し、お椀の中に水が流れ込んできたのが、被害を大きくした最大の要因です。

街の殆どが水浸しになり(水位は場所によっては、家の屋根に届くぐらい)Katrinaが通過した今もなお上がりつづけているようです。あとは、貧困層の家であったトレーラーがKatrinaの暴風によってふきとばされてしまったのも大きな要因です。

New Orleans市長やLouisiana州長はKatrinaが来る前にNew Orleans市民に避難を呼びかけ、約8割が市外に逃げることができたようですが、残りの2割は車すらないいわゆる貧困層で、避難することができませんでした。彼らの殆どは街の中心にあるスタジアムに逃げ込みましたが、残りの人々が今回の犠牲になったようです。街の外に逃げることができたひとびとも、もはや帰る場所がありません。New Orleansに続く橋も崩壊してしまい、まさに孤立したお椀のような状態になってしまっています。

リンクのサイトは、New OrleansのHurricaneに対するvulnerability(脆弱性)を、随分前から指摘していたようです。
スポンサーサイト
2005-08-30 / National / Trackback(0) / Comment(2) /
 Hurricaneに関するトリビア
20050829.jpg

(↑本当のスペルは"Catastrophic"です。Katrinaとかけて"Katastrophic"にしてるだけなので、間違いないでください!)

Hurricane Katrina、猛威を振るってます。被害状況は明日のamNew Yorkを読んでからの報告としますが(予想以上にひどい状況になっているようです)、2つばかりこの記事に関連するトリビアを。

①ハリケーンの名前はどうきまる?
日本の台風は発生した順から1号2号と名前がつけられていきますが、アメリカ大陸付近で発生するハリケーンはABC順で名前が付けられます。この名前、実は6年分の名前が(AからW。ただしQとUから始まる名前は除く。おそらく名前が少ないから)予め決まっていて、7年目は6年前のリストに戻るようになってるんです。このやり方は1953年から続いていて、1979年まではハリケーンの名前は全て女性の名前だったのが、それ以降は男女交互のに名前が変わるようになりました。

ちなみに2005年のリストは:
Arlene
Bret
Cindy
Dennis
Emily
Franklin
Gert
Harvey
Irene
Jose
Katrina
Lee
Maria
Nate
Ophelia
Philippe
Rita
Stan
Tammy
Vince
Wilma


こんなかんじです。Katrinaもはいってますね。

実はもう一つルールがあって、一定以上の被害を出したハリケーンはリストから抹消されるようになっています。これはおそらく、もう一度同じ名前を使うのは不吉であるからという意味と、そのハリケーンの名前を歴史に残すためだと思います。例えば2004年は勢力のあるハリケーンが非常多い1年でしたが、

Charley
Frances
Ivan
Jeanne

の4つの名前がリストから外れました。Hurricane Ivanによる被害は本当に凄まじかったですね。Katrinaもリストから外れるのは必至ですが、これ以上被害が増えないように祈るばかりです。


②街のニックネーム

Katrinaが上陸した街、Louisiana州のNew Orleansという都市なんですが、Jazzで有名な南部の町ですね。この街のニックネーム、Big Easyっていうらしいんです。ニュースで"Bing Easy, Big Easy"っていってるので、ゴルフ好きのおれとしては"Ernie Elseがどうかしたの?(Big EasyはErnie Elseのニックネームです)"っていう感じだったんですが、会社にきて調べてみると、なるほどNew Orleansのことでした。よくよく考えてみると、New YorkはBig Apple, ChicagoはWindy Cityとか、いろんなニックネームがあるんだなと思ってしらべてみたら、もっとたくさんありました(こちら

みなさんはどれぐらいしってましたか?
2005-08-29 / Local / Trackback(0) / Comment(16) /
 Chinatown bus danger
"Bargain busses are unsafe and need inspections"

ボストンやワシントンDCに行くために最も安い手段は?NYをよくご存知の方なら"Chinatown Bus"とこたえるはずです。そう、Chinatownから出ている激安バス、これを"Chinatown Bus"と呼びます。どれぐらい安いのかというと、New YorkからBostonまで、Greyhound Bus(スタンダードな長距離バス)だと26ドル、アムトラックだと69ドル、飛行機で267ドルのところ、Chinatown Busは15ドルです。

2週間前、New york - Bostonを結ぶChintown Busが高速道路で突然炎上。火柱は50フィートにものぼり、消火活動が終わった頃にはバスは殆ど原型をとどめてなかったようです。乗客のEvacuationが少しでも遅れていれば大惨事に。

NY州の上院議員、Chuck Schumerがこの事件を受けて色々と調査をしたところ、Chinatownはバス自体のみならず、ドライバーの質も相当悪いということが判明したそうです。

Chinatownバスは数社存在していて、これらのバス会社間の競争がかなり激しいことが、無理な価格の低下⇒バス事業の質の低下につながっているようです。

安いものには必ず理由があるんですね。"Passengers who ride low-fare priced busses deserve more than just a cheap ticket"。まさにその通りですね。NYに来てChinatown Busと使おうと考えている方は、裏に潜むリスクも十分に考慮にいれてください。
2005-08-29 / Local / Trackback(0) / Comment(2) /
 Gas station
またどうせつまんないんだろうな、とおもってCartoonを観てみたら、結構おもしろかった・・・。

20050825.jpg


"... sorry, mom and dad, but my mind's made up... I'm gonna quit working at the gas station and go to grad school"

とかいてあります。
2005-08-25 / Cartoon / Trackback(0) / Comment(0) /
 Marc Ecko: グラフィティデザイナー
"Marc Ecko's tag celebration goes on despite Mayor Bloomberg's objection"

一昔前のNYをご存知じゃない方はわからないかもですが、最近のNYの地下鉄、そのころと比べたら大分綺麗になったらしいんです。もちろん日本と比べたらまだまだ汚いんですが、でも一番大きく変わったのが電車の中や外の落書き。これが殆どなくなったみたいです。これは、NYCの犯罪率を大きく減らすことに成功したジュリアーニ前市長の功績ともいわれています。

ジュリアーニがNYCの犯罪率を半減させたのは、「ブロークン・ウィンドウ理論」を踏まえて軽犯罪の取り締まりを徹底したことが大きな原因といわれています。「ブロークン・ウィンドウ理論(リンク先は英語ですが、興味深いですよ)」とは、車やアパートなどの窓ガラスを割れたまま放置すると、数日後にはスクラップになってしまうという実験結果でした。要するに、「窓ガラスが割れている」というほんの小さな犯罪の事実が、より大きなものを誘発してしまうということのようですね。ジュリアーニはこの理論を元に警察官の数をものすごい勢いで増やして、軽犯罪の取り締まりに力をいれました。つまり、警察官の役割を「事件が起きた後の処理班」ではなく、「事件が起きないように見張りをする役」に変えたわけです。

もちろん落書きもこの「見張り」の対象でした。アパートや地下鉄の落書きを徹底的に綺麗にして、「秩序を整える」ことからまず始めたんですね。これが大成功。2001年の911以前はNYCはアメリカで一番安全な街と言われるまでに犯罪率が減少しました。

さて、前置きが長くなりましたが、Marc EckoというのはNYで活躍するファッションデザイナー。主に洋服のデザインを手がけている人です。EckoといえばHip Hopファンなら必ず知ってるブランドですね。そんな彼が8月24日に企画したのが、22nd Street, between 10av and 11avで行われたBlock Party。ここの敷地は色々な企画をやるところなのです。例えば半年前は1週間ほどMazdaが借り切って、真っ赤な車を敷き詰めてPromotoionをしていました。たまにTVの収録なんかもやってますね。



このBlock Party、EckoをはじめとしたグラフィティアーティストやDJをたくさん呼んで、グラフィティデモやパフォーマンスでHIPHOP好きのみんなでもりあがろーぜ!っていうパーティだったんですね。NYCも当初は快く了承。ところが、ある事実を知ってから、使用許可を取り下げました。それが「マンハッタンの地下鉄のリアルサイズ模型を配置して、そこにグラフィティを描く」っていう企画だったんです。Bloombergが許可を取り下げた理由は、"Promotion of Crime"でした。

Eckoは当然のごとく訴訟を起こしました。彼は、「グラフィティはこの街の歴史であり芸術でもある。公共物への落書きが違法ということは当然分かっているが、この企画の取り下げは表現の自由を侵害している」と去年の11月から主張しつづけてきましたが、7月18日に出た裁判の結果は「Flagrant violation of the First Amendment」でした。the First Amendmentというのは米国憲法の「表現の自由」の権利を規定した条約ですね。言論の自由・表現の自由・宗教の自由等々、アメリカを象徴する「Liberty(自由)」に関する規定をもりこんだ条項ですが、これらをまとめて"the First Amendment Right"などといったりします。

おれも今回のNYCが出した結論はちょっとSensitive過ぎかなと思いました。Eckoが描くグラフィティは、落書きを超えて芸術の域に達しています。これをみて、芸術の道に感化される人はいれも、落書きに走る人はいないと思うんですね。というか、ここまですごいと、地下鉄の車両自体が一つの「アート」として成り立ってしまうような気がします。また、昔の映画なんかでも良くみる「落書きだらけのNYC」っていうのも、一つの芸術だと思うんですね。みなさんもたまに、「これだけ絵が上手かったら、芸術家になれるんじゃない!?」っていうようなグラフィティを、ちょっと治安の悪い場所の壁やハイウェイをすみっこなんかで見かけませんか?Eckoの今回の企画は、そんなNYCの歴史を「復活」させるため、またグラフィティの素晴らしさを人々に見せつけることを意図としているため、裁判の結果には大賛成でした。

みなさんも是非Eckoをはじめとするグラフィティアーティストの芸術をごらんください。

StilL,SouL
↑ヒップホップ関連情報をニューヨークよりお届けするサイトです。Administred by LaLaさん。
2005-08-25 / Local / Trackback(0) / Comment(0) /
 チャベス大統領暗殺?
"Televangelist Pat Robertson says U.S. operatives should kill Venezuelan President"

こっちでは結構大きく報道されていたけど、日本語でニュース検索してみたらあまりヒットしなかったのが意外。

みなさん、Televangelistってしっていますか?日本語ではテレビ宣教師って訳されているみたいですね。TVのTeleとEvangelist(宣教師)をあわせて作られた単語です。アメリカのTVをみたことある人なら何回かみたことあるかもしれないですけど、日曜日の朝に色んなチャンネルでキリスト教などの宗教に関わる教えを説いている人がいるんです。TV会場にたくさんの人を集めて、その人達といっしょに視聴者にも話を聞いてもらい、宗教の教えを説くということなんですね。

実はこれ、結構衝撃的なんです。どの宣教師もものすごく感情的。体全体をつかってスピーチをしている感じです。なんだろ、大統領選挙のスピーチに似てるといえば似てるかな。ただ大統領のスピーチと大きく違うのが、観客一人一人の反応。話を聞いて涙を流してる人なんてそこら中にいます。終わったときははちきれんばかりの拍手。

この記事はそのテレビ宣教者の一人、しかもかなり過激派(といっちゃいけないか、保守派)のPat Robertsonさんに関するものです。彼、突然出演してた番組でこんなことをいいました:


There was a popular coup that overthrew him [Chavez]. And what did the United States State Department do about it? Virtually nothing. And as a result, within about 48 hours that coup was broken; Chavez was back in power, but we had a chance to move in. He has destroyed the Venezuelan economy, and he's going to make that a launching pad for communist infiltration and Muslim extremism all over the continent.


You know, I don't know about this doctrine of assassination, but if he thinks we're trying to assassinate him, I think that we really ought to go ahead and do it. It's a whole lot cheaper than starting a war. And I don't think any oil shipments will stop. But this man is a terrific danger and the United ... This is in our sphere of influence, so we can't let this happen. We have the Monroe Doctrine, we have other doctrines that we have announced. And without question, this is a dangerous enemy to our south, controlling a huge pool of oil, that could hurt us very badly. We have the ability to take him out, and I think the time has come that we exercise that ability. We don't need another $200 billion war to get rid of one, you know, strong-arm dictator. It's a whole lot easier to have some of the covert operatives do the job and then get it over with.



す、すごいなぁ・・・・、過激だなぁ。公共の電波で、「チャベスは暗殺するべきだ」なんてこと、普通に認められるんだろうか?思っててもいっていいことと悪いことがあると、お母さんに教えられなかったのか?

たしかにチャベスは政権発足当時から反米体制を維持してきた様子。例えば、米国への石油供給量を減らそうとしたり、「アメリカの攻撃をうけてもベネズエラ軍は負けない」なんていう発言をしたり。アメリカとベネズエラの関係がどのような歴史的背景で、どこまで悪いのかという詳しいことはいえないけど、発言にある程度の影響力があるテレビ宣教者が、堂々と「人殺し」発言を公衆の面前でするのはどうしたものか。

アメリカ政府はびっくりして、"This is not the policy of the United States Government"と、これに対するコメントを早速発表。

Political Assassinationという言葉があるけど、連邦法では違法とされているので、Robertsonの発言はタダじゃすまされないんじゃないと思うけど・・・。それとも表現の自由とかなんだろうか。

Robertsonは一昔前も、"the State Department should be blown up with a nuclear divice"なんていう恐ろしい発言をしてたらしい。恐いね。

それと比べりゃ、塩ジィが「あいつはキチガイだ!」なんて放送禁止用語を生放送で発言することぐらい、かわいいもんだね。

我ながらすごい締め方だ(笑)。最近面白いローカルニュースがないから、National newsばっかり・・・。
2005-08-24 / National / Trackback(0) / Comment(0) /
 Cartoon
今日は隅から隅まで新聞よんでみましたが、面白い記事が一つもない・・・。ということで、新聞によく載っているCartoon、もちろんamNew Yorkにもあるので紹介してみます。

20050823.jpg


・・・・・・・・で??


Cartoonも面白くなかった。orz

Housing Bubbleはいいよねー。Gas Bubbleはいやだよね。うんうん。以上。
2005-08-23 / Cartoon / Trackback(0) / Comment(0) /
 ノースウェスト航空ストライキ
"Northwest Airlines planes flew without the help of unionized mechanics yesterday on the second day of their strike"

NWがストにはいってから日曜で二日目でした。ミネアポリスとデトロイトのNWハブ空港で行われたpicket lines(ピケライン)を歩いたのは整備士のみなさん。整備士労働組合(Aircraft Mechanics Fraternal Association)とNWとの労使問題。結局協議がまとまらず、ストに突入したみたです。

NWの提示は平均7万ドルと言われている整備士の給料と平均4万ドルの清掃員の給料の25%カットに加え2000人のリストラ。しかし、予想以上に給料もらってるんだぁというところが個人的な感想。25%カットはそれは痛いだろうが、それでようやっと現実的なレベルなんじゃないかと思うけど。

とりあえず週末は臨時の整備士や清掃係をしのいだみたいだけど、週末よりも忙しいといわれている月曜日を乗り切れるのかどうか。しかし、整備士の数が足りていない飛行機にはちょっと乗りたくないんだけどなぁ・・・。

豆知識だけど、アメリカの大統領はストが経済的に悪影響を及ぼすと判断した場合はこれを阻止する権限があるのです。2001年にも整備士労組とNWとの労使問題があったんだけど、このときはブッシュがこの権限を行使。これを"Presidential Emergency Boards"といいます。今回のストではこの権限を行使する必要はないと判断したようです。

ちなみにこの前久々に日本⇔NYでNW線に乗ったんだけど、エコノミーで個人用TVすらないのね・・・・・。かなりがっかりでした。
2005-08-22 / National / Trackback(0) / Comment(7) /
 $253millionの損害賠償
"MERCK'S MURKY FUTURE -- Drug-maker Merck & Co.'s blistering defeat in the nation's first Vioxx trial was only round one in a series of expected court battles in the coming months, many of them involving plaintiffs who have some major advantages"

メルク社が販売していた鎮痛剤"Vioxx"を巡る裁判に関して。この鎮痛剤の副作用で夫が死亡したと、メルクを相手取って裁判を起こしていたのがCarol Ernst。もちろん内容は損害賠償請求。テキサス地裁の陪審員はメルク側の非を認めた上でErnstの要求を容認し、なんとなんと$253million(約280億円)の支払いを命じた。

Carolさんの旦那さんはVioxxを長期間服用していて、2001年に心臓発作で死亡。裁判の論点はVioxxと心臓発作の関連性だったけど、実はメルク側に有利な証言(医師による)が多かったにも関わらず、結果はメルクの敗北。

おそろしいのが、メルクをまっているのが4000件以上ものVioxxに関わる損害賠償訴訟。メルクの最終的な損害は$18billion(約2兆円)にも上るといわれています。

こういった巨額の損害賠償請求裁判はアメリカならではですね。いわゆる「懲罰的損害賠償(punitive damages)」というものですね。懲罰的損害賠償についての是非についてはコメントしないけど、メルク側の今後の対応に注目です。当然のごとくメルクはこの判決を受けて控訴しました。

テキサス州は$253millionの損害賠償を認めたけど、州法でpunitive damageは経済的損失の2倍プラス$750,000までと決めています。今回の陪審員は$450,000をCarol Ernstの旦那さんの死亡による給与損失とみて、$24millionを精神的苦痛による損害賠償、そして残りの$1.65millionをpunitive damageとして、最終的な賠償金額は総額$26.1million(約30億円)にとするようです。まぁ、十分すごいんだけど!

ちなみにサブタイトルに注目。Merckとmerky(暗いという意味)は殆ど発音がいっしょです。なんだかIronicですね。ちなみに個人的にblisteringという単語だいすきです。なんか響きが「ものすごい」っていうかんじでいいですよね。




2005-08-21 / National / Trackback(0) / Comment(0) /
 $193millionの寄付
"Billionaire bloomy gave groups $193 million"

我らがブルームバーグ市長、一昨年は653もの組織に$135.6millionを個人的に寄付。なんとなんと、去年は843の組織に$193.3millionを寄付したそうです。

もちろん、これらの寄付は選挙活動にもプラスになるわけですが、それにしても、ちょっと想像のつかない金額です。

ブルームバーグの肩書きは"Mayor"でしっくりきていましたが、実は"Billionaire"でもあるんですよね。

金をばら撒いて選挙活動をしてるとも言われていますが、それでも公約どおりにNYCの改革を進めていることも事実なので、当分の間は市長の椅子も安泰でしょうね。
2005-08-18 / Local / Trackback(0) / Comment(0) /
 TEARS IN TURKEY CASE
去年の11月、Turkey Caseって騒がれた事件があったんです。市内に住む18歳のRyan Cushing。Long Islandをドライブ中に、スーパーマーケットで買ってきた冷凍のターキー(七面鳥)、重さは約10キロ。それをふざけて後部座席の窓から外に放り投げた。そのターキーがなんと、対抗車線を走っていたVictoria Ruvoloさんのフロントガラスを直撃。10キロのターキーは窓をつきやぶって、ハンドルをへしまげて、Ruvoloさんの顔に直撃した。Ruvoloさんはこの事故で、顔全体の骨を骨折。なんとか一命をとりとめたものの、一生もとの顔に戻らなくなってしまった。

その判決が昨日行われた。Fist-degree assault(第1級暴行)に問われれば、最高懲役25年の罰。

ところが・・・・

"Despite spending more than a month in the hospital and receiving extensive facial reconstructive surgery, Victoria found enough kindness in her heart to forgive 18-year old Ryan Cushing."



アメリカの裁判は非情・強欲・金目当てなどのイメージがつよかったんだけど、久々に心温まる記事を読んだ感じです。VictoriaさんがなぜRyanを許したのかという理由は書いてないんだけど、おそらく色んな考えがあったんだろうな。何も悪いことをしていないのに、ただのいたずらで自分の顔が一生変な形にかわってしまったにもかかわらず、一少年の一生を守ろうと思う気持ちはおれには到底もてない。こんな天使のような気持ちを持ってる人がいるんだなと本当に驚いたた。

新聞には、Victoriaさんが笑顔でインタビューに答える姿が載っている。本当に自然な笑顔で写っているのが印象的だ・・・。
2005-08-16 / Local / Trackback(0) / Comment(0) /
 Today's Vocabs
repress
"Americans are so repressed about their bodies"

scant
"There was scant good new for consumers in the latest report."

hurl
"the Mercer Hotel porter who suffered a cut cheek after Crowe hurled a phone at his face."
2005-08-15 / Vocab / Trackback(0) / Comment(0) /
 一撃で$11million!
"Russel Crowe's $11M blow"

ラッセル・クロウ、結構好きな男優。NYのMercer Hotelでの出来事。Austoraliaにいる奥さんに電話をしようと、ラッセルさん、ホテルの部屋から一生懸命かけてみたいです。それがなかなか繋がらない。ルームサービスを呼んで、それで部屋に派遣されたのがNestor Estradaさん。でも結局電話がつながらない。ラッセル・クロウ、何をやったと思います?

その電話をNestorさんに、がつん!!!!!!!

Nestorさんはほっぺたを切る大怪我!ってか、ラッセル、やばいよ、それ!この人、なんか正気じゃなさそうな顔してるけど、ほんとにそんな性格だったのを知ってびっくり。彼のコメントいわく:

"I'm, you know, trying to fill my basic obligations to my wife who needs to know that I'm at home, I'm in bed, I haven't had too much to drink and, primely important, that I'm alone,"



って、おいおい・・・・。

暴行の現行犯でNYPDに御用。結局Nestorさんに驚きの$11million dollars(約12億円!)を払うことで和解。

Nestorさん、ほっぺたが切れるぐらいの勢いで電話投げられてほんとにいたかっただろうけど、今ごろ笑いが止まらないだろうなぁ!!アメリカンドリームですねっ。
2005-08-15 / Buzz / Trackback(0) / Comment(3) /
 Gas prices surge
"Retail gas prices hit another record high over the past three weeks, mirroring a rapid increase in teh cost of crude oil."

原油価格の上昇に伴い、ガソリンの価格も着々と上がってきています。アメリカのガソリンスタンドの平均ガソリン価格は、今日時点で1ガロン$2.53。1ガロンは約3.8リッターなので、リッター換算だと約66.5セント。大体70円ぐらいでしょうか。日本の安いところで大体リッター120円ぐらいなので、これでも約半分ぐらいなんですね。

こんな安い値段でがたがた言うな、というかんじですが、でもこの2ドル53セントという金額、一昔と比べると本当に考えられない金額なんです。私が高校生のときにアメリカにいたときは(10年程前)、1ガロン80セントを切っていたときがありました。ガソリンがミネラルウォーターより安いといわれていた時代ですね。満タンいれても20ドルすらいかない、素晴らしい時代でした。

そのときと比べると、約3倍から4倍。車の使用率・使用頻度が日本と比べて高いアメリカでは、家計の中に締めるガソリン代の割合が、ここ10年で急激に増えていることと思います。

しかし、このガソリンの値段も9月のLabor Day以降は下がるだろうという見通しが。9月になればハリケーンもなくなり、精製所やタンカーなどが自然災害を受ける機会が減り安定供給できるので、ある程度のところで価格も落ち着くのではないかという見通しです(この意見は初めてきいたので興味深い)。

ところで、これだけガソリンの価格が上がっても、1980年代のオイルショック時の価格には到底及ばないみたいです(インフレを加味した上で)。

これまた、「車もってなくてよかった」という感じの記事でした。
2005-08-15 / National / Trackback(0) / Comment(0) /
 トップレスの自由!
"Topless women demonstrate for the right to expose"

こういういかにもアメリカっぽい記事、ほんと好きです。日曜日、セントラルパークにトップレスの女性が数十人あつまりました。彼女達の目的は、そう、「トップレスの自由を!」だそうです。

参加者の殆どが身体に245.01という文字を書いていたそうです。これは、NY州の罰則規定の第245.01を差していて、もちろん、その内容は「女性が上半身を露出することを禁ずる」というものです。

彼女達の主張は"This law is discriminatory since an exposed male chest remains perfectly legal"だそうです。その通り!!そうだ!!男は上半身裸でもつかまらないじゃないか!・・・・・・。

ちなみに、トップレスの女性達のまわりにはちらほらトップレスの男性も。"Plenty of topless men were also on hand to show their support to the marchers."まぁ、どういう理由/目的でサポートをしてるのかは不明ですが。

しかし、そもそも人間の女性はなんで胸を隠すようになったんですかね?確かに胸を隠してる動物は人間だけ。う~ん。彼女達は原点に戻ろうとしてるんですね。素晴らしいことです。

でも、セントラルパークで日向ぼっこする女性達がみんなトップレスだったら・・・・・・、うーん・・・・・。やっぱまずいんでないかぃ?(笑)
2005-08-14 / Local / Trackback(0) / Comment(4) /
 地下鉄格付??
20050811.jpg

↑これ今日のamNYの表紙でした。カラフルでひきつけるものがありますね。"Rating Your Ride!"っていう題名を見てワクワクしながらページ3へ。

この企画、毎年the Straphangers Campaign Surveyという名前でこの時期にやってるものみたいです。もう答えが載ってるんだけど、一番クオリティが低いのがN Train。2年連続の受賞だそうです。ちなみに60セントというのは、60セント分の価値しかないということ。地下鉄は一律2ドルなので、なんと三分の一以下・・・。

NはAstoriaというQueensの街から、マンハッタンのBroadwayの下をとおって、Brooklynに渡り、Coney IslandというBrooklynの東南にある街まで走ってます。マンハッタン内はBroadwayを通っているので、観光客で利用する人も結構多いはず。それでは、N Trainのどんなところが評価を下げたのか?

1)アナウンスが悪い-統計をとってみたら、アナウンスの82%しか理解できないみたい。あとは、遅延があってもその理由を十分に説明しないなど。
2)汚い-33%の車両がかなりの汚れがある。
3)遅い-ラッシュアワーは車両間隔が平均8分15秒も(地下鉄全体の平均は5分55秒)



・・・・、確かにNとR(Nと隣接して走っている線)は車両の中も汚いし、ホームも汚い!QueensやBrooklynを通ってるからかというとそんなこともない。7,J,B,D,1,9等、いろんな線が通ってるけど、ここまで評価が悪いのはNのみ。理由はよくわかってないらしい。

さて、トップ賞は6線!これはマンハッタンに住んでる人なら納得いくかもしれない。比較的治安の良いマンハッタン東側の真中寄りを南北に走っている地下鉄です。なんと評価は1ドル35セントと、Nの2倍以上(それでも2ドルには程遠いことに注目)。Frequently scheduled service, few breakdowns, そしてunderstandable annoucementsが評価の高い理由。

確かに6線にのると、気持ちがいい。車両は新しいタイプのものを使っているので、照明も明るい。アナウンスも機械なので分かりやすい。駅も電子表示をしてくれるので降りるところが分かりやすい、など等。

さて、おれがいつも使ってるのは、1かAなんだけど、どれどれ・・・・・、1ドル25セントと85セント!Nよりはよくて良かったわ・・・。結構車両が汚い1の評価が高いのは意外かも。でも、1はローカル線なので、ラッシュでもそこまで混まない。アナウンスも結構分かりやすいかも。AはExpressということもあって、朝のラッシュは半端ない。あと、Aと並走してるC線なんて結構ひどくて、クーラーが効いてない車両によくぶち当たる。「おー、今日は結構すいてるなー」とおもって入ったら・・・、めちゃくちゃ暑い。10駅分ぐらいいたら、間違いなく死ねるぐらいの暑さです。

まぁこういうのが平気で放置されてるのがNYの地下鉄っぽくていいのかもしれないけど。これと比較すると、日本の電車事情は本当にスゴイ。分単位での運行、ふかふかのシート、きれいな車両・・・。そんなんだから、ちょっと電車遅れるぐらいで文句たれる人がでてきちゃうんだろうな(甘やかされすぎだ)。NYの地下鉄は、おくれるも遅れないも、殆どみんな時間は気にしてないので(一応ダイヤはあるけど、あってないようなもん)ノンキなもんです。

ちなみにNYの地下鉄にまだまだあぶなイメージ持ってる人がいるかもしれないけど、おれは今まで一度もあぶない目にはあったことはありません。でも念のため12時すぎたらタクシーに乗るようにはしてます。
2005-08-11 / Local / Trackback(0) / Comment(2) /
 Touchdown!
20050810.jpg


めでたいからでかく貼ってみた!They came back without a hitch!!

今回のDiscoveryの飛行は、コロンビアの失敗の直後というプレッシャーの中で、予期せぬ断熱剤の補修作業を筆頭にスペースステーションにて予定されていた作業も無事に終わらせた、素晴らしいものでした。ただ、いくつかの反省点があることも確かです。そういう点は次回のより安全な飛行へ向けて良い教訓となるといいですね。

コリンズ船長は、初の女性船長だったんですね。拍手!
2005-08-10 / National / Trackback(0) / Comment(0) /
 Movies review
"What the Critics Say"の表で、Favorableのマークが多い映画だけピックアップ。

Murderball

The Beat My Heart Skipped

Rize

March of the Penguins

March of the Penguinsちょっと興味あるなぁ・・・。ちなみにBox Officeでトップにきてるのは、The Dukes of Hazzardと、Wedding Crashers。前者はJessica Simpsonが出てる時点でアウト!Wedding Crasherはいわゆるコメディだけど、いわゆるコメディはJim Carrey以外は面白くないので、これも×。

ちなみに今年のアメリカの映画興行成績、過去最悪らしいです。だって、良い映画っていたらStar Warsぐらいだもんなぁ・・。
2005-08-06 / Weekends / Trackback(0) / Comment(0) /
 Stop the searches!!
"Random bag searches on the subways are unconsitutional and useless, five straphangers and the New York Civil Liberties Union contend in a lawuit filed yesterday in Manhattan"

ほら来た、予言どおり(笑)。無差別の荷物調査は無意味だし違憲だと、裁判を起こしたみたいです。

"These types of searches are meaningless and will not solve any problem whatsoever. I feel my constitutional rights are being violated"

と原告のPartha Banerjeeさんがコメント。ってかあなた、自分のConstitutinal Rights全部把握してるの?って思わず突っ込みたくなるけど、まぁ弁護士にこういえって言われたんだろうなぁと流しつつ・・・、もう一人の原告は、

"I feel like a criminal in my own city and I\'ve done nothing wrong"

このコメントには賛成。この前ロングアイランドから車でマンハッタンに入るとき、トンネルの入り口でめちゃくちゃ恐そうな警官に、「おまえの車、車検のシールはってないじゃないか、なんでだ!」と、拳銃突きつけられるような勢いで詰問された。レンタカーなので当然訳がわからなくて、「いや、レンタカーやさんにきいてくれ」っていったら、「そんなの車借りるときにチェックするのはおまえの義務だろがー!」ってとても無理なことを要求されて怒られた・・・。まぁ結局通してくれたんだけど、確かに、「なんもやってないのに、犯罪者扱いだなぁ・・・」とは感じたかも。

アメリカは確かにおかしな国になってきてる。そもそもPatriot Actができた段階で、ある程度の「犯罪者扱い」は許容しなければいけないのかもしれない。外国人がこの国にはいるときに指紋とられたり、写真とられたりするのが良い例。それにくれべりゃ、荷物調べられるぐらいどうでもいいかんじがするけどね(すでに諦めはいってる(笑))。毎朝駅で、警官何人かが待ち構えてるけど、まだ狙われたことはないです、ちなみに。

ちなみに「違憲じゃない?」っていっている対象は"Un reasonable searches and seizures"を禁止する、ConstituionのFourth Amendment。"The Fourth Amwendment requires probable cause for searches but there are exceptions in cases when protecting people\'s safty. The airport is a good example, but this is much different than an airport. "

でもね、やっぱりね、何もやらないよりはいいのかなぁと結局思ってしまうんだよね。この世界で最もテロに狙われている危険な街に住んでると、特にそう思います。
2005-08-05 / Local / Trackback(0) / Comment(0) /
 爆弾騒ぎ。
仕事が忙しいと更新が一気に滞る・・・・。

さて、ロンドンBombingの話の続きですが(最近必ず一日に一つはこの記事が載ってます、ご承知のとおり)、Raymond KellyというNYPDのトップが、「ロンドンで使用された爆弾は、特別な材料を使って作られたものではなく、日常的に入手できる材料によって作られたもの」というのを記者会見で発表しました。こういう説明だったようです。

"When the peroxide was mixed with hexamine, a chemical heating tablet used by campers for cooking, and citric acid, a food preservative, a new compount HMTD (hexa-methylene-triperoxide-diamine) was formed - an unstable but powerful explosive."



うーん、化学系の単語が殆どわからない・・・。多分日本語に訳したところで分からないんだろうけど、とにかく、これらの物質が入っている材料をスーパーとかで買ってきて爆弾をつくることが可能ということらしい(笑)。

これに対して、イギリスの高官が「こういう情報は流さないでくれるかなぁ、真似して作る人がいるかもしれないし。私達は情報の共有はできるだけ最小にとどめるのに」ってな批判的コメントを出したみたいです。

これに対して、我らがNY市長のBloombergが、"It's our responsiblity to tell the people that are managing buildings how to protect the people who live and worlk in those buildings......And I don't regret anythinghtat goes to enhance security in this city"とKellyを擁護するコメントをしたみたいです。

他の人も、「こういった情報はとっくにインターネットに流れているよ」とか、「別にKellyが流した情報は、イギリスに「秘匿情報」だから流さないでね」とも言われてないと、コメントしてるみたい。

爆弾なんて簡単に作れることは周知の事実なので、今回の件はあまり問題にならないと思うけど、他国間で情報共有する際は、公開する前に一応Clearanceをきちんと求めておくべきっていう良い教訓ですね~。

書いてみて思ったが、またどうでもいい感じの記事だった(笑)。
2005-08-05 / Local / Trackback(0) / Comment(0) /
 ハリウッドなんて大嫌い!
・・・と言って、俳優生活に終止符をうった人は誰でしょう?

髪も髭も真っ白なSean Conneryさんです。そういえば最近みてないかもなぁ・・・。一番最近みたので、"The Rock"かも。あれ、最近って、あれいつだっけ?ってちょっと調べてみたら、1996年!!(笑)

ちなみにSean、こんなこといってたみたいです。

"I'm fed up with the idiots... the everwidening gap between people who know how to make movies and the people who green-light the movies"



"People who green-light the movies"(映画にゴーサインを出す人たち)にうんざりってことは、どういうことなんだろ?出演した映画が世の中にでなかったことでもあったのかな?DirectorとProducerのことをいってるのかな?

Sean Conneryって結構いろんな映画に出てるみたいだけど、実際みたことあるのってかなり少ない。ちなみに個人的に好きな男優はやっぱKevin SpaceyとJim Carey。この人たち最高。Sean Conneryはどうでもいいっちゃどうでもいいかな。だったらネタにするなよってかんじだけど、ネタがなかった(笑)。
2005-08-02 / Buzz / Trackback(0) / Comment(2) /
 Discovery may need space repair
"NASA was scrambling yesterday to determine whether a couple of short strips of material dangling from Discovery's beely might endanger the shuttle's descent and whether the astronauts might need to attempt a repair"

やはり船外活動が必要になるみたい。シャトルのおなかの耐熱タイルのすきまからニョキっと飛びだしている部分があって、再突入の際にこれが原因で機体の温度が思ったよりも上昇してしまうかもしれないという危険があるみたい。

何事もなくただ焼き切れるだけ、っていう意見もあるみたいだけど、念には念をいれて修理をするのかな?ニュースでは、船外活動だったら野口さんともう一人の宇宙飛行士っていってたから、ひょっとしたら出番があるかも?

でも、当然想定外の活動だし、練習をしているわけでもない。あんな大きくて動きが制限されそうな宇宙服を着ながら、字のごとく宇宙のど真ん中で作業をするのってどういう気分なんだろう。上を見上げたら宇宙、下をみたら地球が浮かんでるって・・・・、想像しただけでもちょっとどきっとします。

何はともあれ無事に帰ってほしい!!
2005-08-01 / National / Trackback(0) / Comment(0) /
 日曜日のパーキング事情
NYのパーキング事情、前のブログで書いたとおり、取り締まりがものすごく厳しい。でも、日曜日にブランチかなんかで朝出掛けてみると分かるんだけど、ものすごい数の車が路駐をしてる。そう、日曜日は殆どの道で路駐ができるのがマンハッタンの特徴。

でも、これ、ものすごいことになるんです。日曜日の渋滞は結構すごい。しかもお昼時にみんながどこかでご飯を食べようと車で駐車する場所を探すとときにウロウロしてるとき。クラクションもうるさいし、当然排気ガスも多いし。

日曜日は、路駐場所を探すのに平均14分掛かるみたい。そんなの、そこらへんにたくさんある駐車場にとめればいいじゃん!って思うかもしれないけど、NYの駐車場の値段は半端なく高い。30分で場所にもよるけど、10ドル超えるところはザラ。一番高いところは1時間40ドル。ちなみに路駐のメーターは平日1時間1ドル50セント。そう、NYはアメリカの中で最も駐車場とメーターパーキングの格差が多い街ところなのです。

日曜日だけ、メーターパーキングを無料開放するっていうのは東京でもたまにみかけるけど、マンハッタンでは考え直したほうがいいかもしれないというのがamNew Yorkの意見。排気ガスが増えるわ、二重駐車は増えるわ、いいこと一つもないじゃん!!と。確かに、メーターで金とれば市の予算も増えるし、車持ってない身としては、どんどん徴収したら~~?ってなコメントしか思い浮かびません。
2005-08-01 / Local / Trackback(0) / Comment(0) /

amNew Yorkを読もう!

Copyright © 2005 Powered by FC2 All Rights Reserved.
Background Pic by Robert Slade; Template by lovehelm
This site if for the personal and non-commercial use. Tribune Interactive, Inc. reserves any rights of trademark, copyright, or other notice contained in any portion of the Content (as defined in the Terms of Service in amNY.com)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。